HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Global and Regional Studies >
Bulletin >
Ryudai review of Euro-American studies >
欧米文化論集 No.63 (2019/3) >

 
Title :Returning from US Study Abroad: Cold War Representation and Construction of Beiryu : Gumi's Identity in the US Military Occupation of Okinawa
Title alternative :戦後沖縄における「米留組」への眼差し : 米国留学経験者の留学後のアイデンティティ形成と交渉過程
Authors alternative :山里, 絹子
Issue Date :31-Mar-2019
Abstract :本論文では、第二次世界大戦後27年間、米国統治下に置かれた沖縄で陸軍省が実施した「米国留学制度」に着目し、米国留学を経験した沖縄の人々の帰郷後に焦点を当てる。米国は民主主義を推進する外交戦略として、冷戦期にアジアで様々な文化・教育交流を実施した。「米国留学制度」設立の背景には、戦後沖縄の経済復興、民主主義の推進、親米的指導者の育成などの米国側の思惑があった。本論文では、米国留学経験者のライフストーリーの分析を基に、彼ら・彼女らが帰郷後、米軍関係者と地元の沖縄住民との間で、どのように自らの立ち位置をつくり、主体性を形成し、交渉を行ったかを明らかにする。
Type Local :紀要論文
ISSN :1341-0482
Publisher :国際地域創造学部国際言語文化プログラム
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44226
Citation :琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies no.63 p.19 -39
Appears in Collections:欧米文化論集 No.63 (2019/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No63p019.pdf1305KbAdobe PDFView/Open