HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Global and Regional Studies >
Bulletin >
Journal of Geography, History, and Anthropology >
No.8 (2019/3)  >

 
Title :東南中国沿海地域の新石器文化
Title alternative :Neolithic Culture in Coastal Area of Southeast China
Authors :後藤, 雅彦
Authors alternative :Goto, Masahiko
Issue Date :31-Mar-2019
Abstract :東南中国、中でも沿海地域の新石器文化の形成と展開に焦点をあて、中国新石器文化の中での位置付けを再検討し、その特徴を明らかにした。最近の調査によって、東南中国沿海地域では、紀元前6000 年の新石器文化出現期から貝塚を伴うことが明らかになったが、植物利用の進展が新石器文化の定着に重要な役割を果たしていたと考えられる。その後も、農耕に集約化せず、地域ごとに漁撈・狩猟・採集の生業活動をその環境に応じながら展開したことが東南中国沿海地域の新石器文化の特徴である。
Type Local :紀要論文
ISSN :2185-8535
Publisher :琉球大学国際地域創造学部地域文化科学プログラム
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44332
Citation :地理歴史人類学論集 = Journal of Geography, History, and Anthropology no.8 p.83 -92
Appears in Collections:No.8 (2019/3) 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
no8p83.pdf773KbAdobe PDFView/Open