HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Global and Regional Studies >
Bulletin >
Journal of Geography, History, and Anthropology >
No.8 (2019/3)  >

 
Title :グスク時代建物遺構に関する予察 : 喜界島城久遺跡群の建物遺構をめぐって
Title alternative :A Study of Archaeological Features of the Buildings in the Gusuku Period
Authors :池田, 榮史
Authors alternative :Ikeda, Yoshifumi
Issue Date :31-Mar-2019
Abstract :沖縄諸島のグスク時代遺跡には「吹出原型掘立柱建物」と名付けられた遺構の組み合わせが見られるが、その出現の「由来、背景」については詳らかになっていない。これを含めて沖縄のグスク時代社会の開始には喜界島城久遺跡群をはじめとする奄美諸島を経由した古代末〜中世初期の日本からの影響が大きいと考えられる。そこで、「吹出原型掘立柱建物」の「由来、背景」を探るために奄美諸島喜界島城久遺跡群で検出された建物遺構および建物遺構の中に見られる「吹出原型掘立柱建物」類似遺構の検討を行なった。その結果、「吹出原型掘立柱建物」の直接的祖型を城久遺跡群に求めることはできないが、建物の構造や配置などについては間接的な影響があったと考えられる。
Type Local :紀要論文
ISSN :2185-8535
Publisher :琉球大学国際地域創造学部地域文化科学プログラム
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44605
Citation :地理歴史人類学論集 = Journal of Geography, History, and Anthropology no.8 p.73 -82
Appears in Collections:No.8 (2019/3) 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
no8p73.pdf2093KbAdobe PDFView/Open