HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Journal of Geography, History, and Anthropology >
No.7 (2017/3) >

 
Title :肥後国八代郡高田手永松岡家文書について
Title alternative :Comments on the "Matsuoka family's documents (Koda, Yatsushiro,Higo Province)"
Authors :武井, 弘一
玉城, 史彬
平良, 林子
燃脇, 杏花
屋, 将太
吉山, 慎吾
上原, 麻妃
平安座, ほたる
平安名, 盛ー
上原, 敏
新垣, 絵美
Authors alternative :Takei, Koichi
Tamaki, Fumiaki
Taira, Rinko
Moewaki, Anzu
Oku, Syota
Yoshiyama, Shingo
Uehara, Asahi
Heianza, Hotaru
Henna, Morikazu
Uehara, Satoshi
Aragaki, Emi
Issue Date :31-Mar-2017
Abstract :松岡家は、中世より肥後国八代(現熊本県八代市)において活躍してきた名望家である。2009年 4月から琉球大学近世史ゼミナールのメンバーを中心に同家が所蔵する古文書の整理が始まり、同家の文書群を「肥後国八代郡高田手永松岡家文書」と名づけた。総計 364点の文書は、近世(藩政、土地、商業・金融、家・私信)と近代(家、私信、写真、書籍・短歌)に分類できる。全体の 67%を近代文書が占め、そのなかでは書籍・短歌がもっとも点数が多い。
Type Local :紀要論文
ISSN :2185-8535
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44666
Citation :地理歴史人類学論集 = Journal of Geography, History, and Anthropology no.7 p.3 -35
Appears in Collections:No.7 (2017/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No7p003.pdf2927KbAdobe PDFView/Open