HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.7 (2016/12)  >

 
Title :The Search for a Usable Past: The U.S. and the Lessons of the Occupation of Japan
Title alternative :有用な過去の探求 : 米国内における日本占領政策の教訓
Authors :Gallicchio, Marc
Authors alternative :ガレッキオ, マーク
Issue Date :26-Dec-2016
Abstract :終戦後70 年の間に、占領政策が成功だったか否かに対する米国の見解は劇的に変化した。1990 年代以前は、占領政策の成果や意義については学問の対象であり、多くの研究者が占領政策における占領地の民主化の努力不足について指摘した。その最たる例は1980 年代における米国経済の競争相手国としての日本の台頭である。 しかし、冷戦終結後、政策立案者は一般の論者やシンクタンクに影響され、占領政策を米国による国家再建の成功例とみなすようになった。特に日本の例は、非西洋諸国を民主化する米国の手腕を疑問視する懐疑派への反証を示すモデルとして引き合いに出された。議論の批判者側は、日本占領下で起こった特異的かつ再度起こりえない教訓に焦点をあてつつ、そもそも国家再建を国家間で比較することはできないと主張し、反論を試みた。しかし、歴史修正主義の研究者たちのこうした主張は、日本の復興におけるマッカーサーおよび天皇の果たした役割といったテーマについて、それまで自らの研究が導き出してきた結論に矛盾する内容であった。 今日においても、新保守主義の評論家は、米国の行動主義的外交政策を正当化する実例として占領が成功したことを引き合いに出すが、オバマ政権当局者は、占領政策を和解の意義を表す一例として引用することを好む。和解という考え方は、政権がアジア地域の情勢に対応する際の施策として訴求力があると考えられる。
Type Local :雑誌掲載論文
ISBN :9784327333119
ISSN :2185-4882
Publisher :琉球大学国際沖縄研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44737
Citation :IJOS: International Journal of Okinawan Studies Vol.7 p.83 -98
Appears in Collections:Vol.7 (2016/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol7p83.pdf581KbAdobe PDFView/Open