HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.7 (2016/12)  >

 
Title :Towards a Description of the Case System of Yoron Ryukyuan: The Nominative Case Particles Ga/Nu and the Bare Case
Title alternative :与論方言(琉球語)の格体系記述に向けて: 主格助詞ga/nuおよび裸格
Authors :Tohyama, Nana
Seraku, Tohru
Authors alternative :當山, 奈那
瀬楽, 亨
Issue Date :26-Dec-2016
Abstract :国頭語与論方言は鹿児島県与論島で話されており、広くは琉球語に分類される。本稿は主格助詞ga/nuの基本的な文法的性質を探ることで、同方言における格体系の包括的記述への一助となることを目的とする。主格助詞ga/nuの統語的性質は先行研究で既に取りあげられているが、これらの研究では関連する概念である〈格〉・〈意味役割〉・〈文法機能〉について一貫した定義がなされていない。本論文はこれらの術語を類型論的な視点から区別することで、ga/nuの統語的性質に関する体系的な分析を提示する。また、ga/nuなどの助詞が生じていない場合を調査し、それらは単なる〈助詞の省略〉か〈裸格の具現〉であるかという点も考察する。
Type Local :雑誌掲載論文
ISBN :9784327333119
ISSN :2185-4882
Publisher :琉球大学国際沖縄研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44738
Citation :IJOS: International Journal of Okinawan Studies Vol.7 p.57 -81
Appears in Collections:Vol.7 (2016/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol7p57.pdf616KbAdobe PDFView/Open