HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.6 (2015/12)  >

 
Title :Transforming Women and the Home in Hawaii and Okinawa: Gender and Empire in Genevieve Feagin's Trans-Pacifi c Trajectory
Title alternative :沖縄・ハワイにおける女性と生活改善活動の一様相 : ジェネヴィーブ・フィーガンの軌跡
Authors :Koikari, Mire
Authors alternative :小碇, 美玲
Issue Date :25-Dec-2015
Abstract :本稿は、米国占領初期に沖縄を訪問し戦後生活改善活動の火付け役を担った家政教育者ジェネヴィーブ・フィーガンの軌跡を追う。米国テキサス州出身の彼女は、第二次世界大戦中のハワイにてアジア系移民を対象とした生活改革に従事し「他者」のアメリカ化に貢献した人物であった。1951 年、米国政府の意向を受けたフィーガンは沖縄にて女性及び家庭生活に関わる調査・教育活動を 3 ヶ月に亘り勢力的に遂行した。島民の生活改良を主眼としたフィーガンの啓蒙活動は、しかし、帝国主義者としての眼差しにもとづいており、沖縄生活様式を西洋のそれと比べて「不衛生」「不合理」「劣性」なものとし、米国文化の「優越性」を強調するものであった。米国本土から準州ハワイ、そして占領地沖縄へと移行したフィーガンの軌跡は、女性・家庭・帝国史の複雑な絡み合いを体現したものであった。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44741
Citation :IJOS: International Journal of Okinawan Studies Vol.6 p.67 -86
Appears in Collections:Vol.6 (2015/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol6p67.pdf597KbAdobe PDFView/Open