HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.95 (2019/9) >

 
Title :児童の登校を巡る意識に関する研究
Title alternative :Study on cognition towards school attendance.
Authors :屋良, 皇稀
淡野, 将太
Authors alternative :Yara, Kouki
Tanno, Syota
Issue Date :Sep-2019
Abstract :本研究の目的は,児童の登校を巡る意識を登校回避感情とその促進要因及び抑制要因から検討し,不登校の未然防止や支援に示唆を提供することである。調査対象は小学校第5学年及び第6学年220 名(男子106 名,女子114 名)だった。児童の登校回避感情を抑制する要因として,児童全体では「学校魅力」が有意な影響を与えていた。登校回避感情について,頻度及び強度を測定し登校回避感情の感じ方で6クラスターに分類した。クラスターごとでは,「習慣」が登校回避感情を抑制する要因として,有意な影響を与えていた。児童全体とクラスターごとの分析で異なる因子が登校回避感情に影響を与えていたため,登校回避感情を「頻度」及び「強度」の双方からの測定を,児童を対象に行うことの意義が示されたと言える。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44969
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.95 p.57 -63
Appears in Collections:No.95 (2019/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No95p057.pdf904KbAdobe PDFView/Open