HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Engineering) >

 
Title :A STUDY ON DISTRIBUTION OF HOUSES WITH DOMICAL VAULT ROOFS IN HERT CITY - AFGHANISTAN
Title alternative :ヘラート市におけるドーム状ヴォールト屋根伝統住居の分布
Authors :Samimi, Sayed Abdul Basir
Ando, Tetsuya
Kawish, Khojesta
Authors alternative :サミミ, サイード アブドゥル バシール
安藤, 徹哉
カウィッシュ, コジェスタ
Issue Date :Nov-2018
Abstract :Traditional houses in Western Afghanistan have domical vault roofs. Such houses are not limited to the Old City but are instead distributed throughout the municipal area of Herat. For this study, we used satellite images from 2017 to locate 11,754 houses with domical vault roofs within the municipal area of Herat and then calculated their density. Field surveys were conducted to investigate the sites with a higher density of such houses. The study identified seven high-density sites and classified them into three groups; 1) monumental, 2) pre-1960s old residential villages along canals and 3) post-1960s residential settlements at the urban fringe.
本研究は、2017年に撮影された高解像度(30cmX 30cm)の衛星写真を用いて、ヘラート市内のドーム状ヴォールト屋根伝等住居の分布を分析するものである。衛生写真の分析の結果、ヘラート市内には11, 754件のドーム状ヴォールト屋根伝統住居が存在することが明らかになった。またヘラート市内には、7 か所のドーム状ヴォールト屋根伝等住居が高密度に分布する地域があることが明らかになった。文献調査と現地調査により、それらの集中地域は1)伝統的なモニュ-2228-メントの周辺地域、2)1960年代以前に形成された運河沿いの伝統集落、3)1960年代以降に形成された比較的新しい周縁集落に三分類されることが分かった。ドーム状ヴォールト屋根伝統住居はヘラート市の伝統的最観の基層をなすものであり、地域の文化遺産ともいうべき存在である。今回の調査により初めて明らかとなった伝統住居の分布は、今後の最観保全計画策定のための基礎データとして極めて重要である。
URL :https://doi.org/10.3130/aija.83.2221
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :1340-4210
1881-8161
Publisher :日本建築学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45025
Citation :日本建築学会計画系論文集 Vol.83 no.753 p.2221 -2228
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ヘラート市におけるドーム状ヴォールト屋根伝統住居の分布.pdf4172KbAdobe PDFView/Open