HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
BULLETIN OF CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
No.1 (2019) >

 
Title :知的障害教育校における教育課程に関する実践的研究 2 : 生徒の主体性を促す進路指導の在り方
Title alternative :Practical Study for Educational Curriculum in Special Schools for Mental Disabilities 2 : Career Counseling According to Facilitate for Children's Independence
Authors :佐和田, 聡
城間, 園子
Authors alternative :Sawada, Akira
Shiroma, Sonoko
Issue Date :28-Feb-2019
Abstract :本稿では生徒自身が目的意識を明確に持ち、さらにその目標達成に向けて前向きな学習活動の展開につながることを目的とした進路指導の在り方についてまとめた。今回検討した新たな進路指導では、まず高等部の学年毎に学年別進路指導目標を明確にし、学年別進路指導目標を踏まえた上で、生徒本人の自己理解、自己選択。決定の能力を身につけるために、 1)社会人としての将来について系統的に学習する進路学習、 2)計画的・経験的な内容で他の学習活動にも反映する現場実習、 3) 本人はもちろん、保護者、関係者との組織的・継続的な連携につながる進路相談、以上の 3つの軸を進路指導の中心に据え、有機的に相互関連させながら年間指導計画を構成した。さらに、進路指導に大きく関わる生徒の「主体形成」は、進路学習の時間に限られた単発的な取り組みに留まらず、他の授業や様々な指導場面において、総合的に取り組むことが必要不可欠である。その一つの実践事例として、「早起き会」の活動を通じた生徒の主体性を促す取り組みについて紹介した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教職センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45046
Citation :琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers no.1 p.119 -128
Appears in Collections:No.1 (2019)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No1p119.pdf4689KbAdobe PDFView/Open