HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.17 (1970/12) >

 
Title :I. 糖蜜を含んだ最小費用飼料の決定(線型計画法による最小費用養豚飼料の決定に関する研究)(農学科)
Title alternative :I. COMPUTED LEAST-COST RATIONS WITH MOLASSES (LINEAR PROGRAMS FOR LEAST-COST HOG RATIONS ON OAHU, HAWAII) (Department of Agriculture)
Authors :吉田, 茂
Authors alternative :Yoshida, Shigeru
Issue Date :1-Dec-1970
Abstract :本研究の目的はハワイ州オアフ島における養豚農家が入手可能な全ての飼料要素(単味飼料, およびT.M. Salt, Vitamin premix, Antibioticを含む)のある組み合わせから得られる最小費用養豚飼料(必要栄養素を充分含んだ)を算出することにある。飼料給与対象の豚を, 35∿99lbの育成豚, 100∿149lbの肥育豚および母豚, ならびに150lb∿出荷にいたるまでの肉豚の3つのグループとし, それぞれの最小費用飼料を算出した。算出方法は線型計画法を用い, 実際の計算は電子計算機, IBM/360を利用した。線型計画法によって算出した最小費用飼料を農家が使用している自家配合飼料とコストおよび栄養素含有量について比較検討した。以下はその要約である。(1)算出した最小費用飼料のコストは飼料給与対象豚の体重が増えるにつれて低下する。(2)最小費用飼料のコストは飼料に含まれる糖蜜の量が増加するにつれて低下する。(3)最小費用飼料の構成要素の種類は飼料給与対象豚の体重が増すにつれてすくなくなる。(4)大麦, 油, ダイズ粉, マグロ粉, 肉および骨粉, ならびに糖蜜は全ての最小費用飼料に含まれている。大麦は全ての最小費用飼料の中に最大の構成要素として含まれている。又, 糖蜜は全ての最小費用飼料の中にそれぞれ最大許容量が含まれている。(5)最小費用飼料に含まれる糖蜜の量が増えるにしたがい大麦の含量は減り, 逆に油の含量は増える。(6)DL methionineは35∿99lbの育成豚用, および100∿149lbの肥育豚および母豚用の最小費用飼料に構成要素の1つとして含まれている。マイロは35∿ 99lbの育成豚用にのみ構成要素の1つとして含まれている。
(7)マグロ粉は35∿99lbの育成豚用, および100∿149lbの肥育豚および母豚用最小費用飼料にはその最大許容量5lbが含まれているが, 150lb∿出荷にいたるまでの肉豚用には僅か0.6lbしか含まれていない。(8)最小費用飼料に含まれているタンパク質, digestible energy, およびmethionineの含有量は本研究において限定したところの最小栄養素要求量である。(9)大麦は最小費用飼料の構成要素の中では不安定な要素であるが, 糖蜜は最も安定した要素である。(10)millrunとmiddlingsは最小費用飼料の構成要素とはなっていないが, 除外された要素の中では構成要素となる可能性が最も強い要素である。一方, limestone, tri. ca. phosphateおよびtri. so. poly phosphateは構成要素となる可能性はほとんどない。(11)最小費用飼料に含まれている栄養素の中ではカルシウムは安価な栄養素であり, digestible energyおよびmethionineは割高な栄養素である。(12)算出した最小費用飼料と養豚農家が現に使用している自家配合飼料を比較すると, 農家の自家配合飼料は非効率的な飼料であると云える。自家配合飼料のdigestible energy含量は本研究で限定したところの最小要求量よりはるかに下まわっている。したがって単純にこれら自家配合飼料と算出した最小費用飼料を比較すると, 自家配合飼料の方が安いが, digestible energyの不足分を考慮に入れて比較すると, むしろ算出した最小費用飼料の方がはるかに安い。養豚農家は飼料の自家配合にあたっては単に最小費用で配合できる要素の組み合わせを行なうのではなく, それぞれの豚にとって必要な栄養素が充分含まれたところの最小費用飼料の配合につとめなければならない。本研究において算出した最小費用飼料はまさにそのような飼料である。
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4523
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.17 p.329 -386
Appears in Collections:No.17 (1970/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162345.pdf3223KbAdobe PDFView/Open