HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Global and Regional Studies >
Bulletin >
Journal of Geography, History, and Anthropology >
No.9 (2020/3) >

 
Title :宮古島のなかの世界史 : 「久松五勇士」像の形成過程
Title alternative :World History in the Miyako-jima: The formation process of images of ‘Hisamatsu Go Yushi (the Five brave men in Hisamatsu)’
Authors :琉球大学西洋近現代史ゼミ
池上, 大祐(解題)
Authors alternative :Seminar of Western History, University of the Ryukyus
Ikegami, Daisuke(bibliographical introduction)
Issue Date :Mar-2020
Abstract :「久松五勇士」とは、日露戦争時の 1905年、宮古島近海に出現したロシアのバルチック艦隊接 近の情報を、日本本土の大本営に向けて打電するために宮古島から電信基地のある石垣島へ向か った、宮古島久松地区の漁夫たちのことである。日露戦争の趨勢には直接的には寄与しなかった ものの、その「勇敢さ」がのちに各時代の文脈に応じて顕彰されていく。特に 1920~30 年代に は国語読本(稲垣国三郎が推進)の教材になったり、海軍記念日の式典でも扱われたりと、ナシ ョナリズムおよび戦意を高揚させていく装置として機能した。日本との一体性というニュアンス は 1960年代の記念碑建立の時期まで残存したが、1980年代からは宮古島久松の「海人」という ローカル・アイデンティティ形成に利用された。
Type Local :紀要論文
ISSN :2185-8535
Publisher :琉球大学国際地域創造学部地域文化科学プログラム
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45425
Citation :地理歴史人類学論集 = Journal of Geography, History, and Anthropology no.9 p.19 -32
Appears in Collections:No.9 (2020/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
no9p019.pdf1463KbAdobe PDFView/Open