HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
BULLETIN OF CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
No.2 (2020) >

 
Title :心理アセスメントとしての自画像対面法の活用可能性の検討 : 不登校生徒の3事例研究をとおして
Title alternative :The Examination of the Use Possibility of the Way that a Self-Portrait Meeting : Interview:3 Case Studies of the School Refusal
Authors :平田, 幹夫
Authors alternative :Hirata, Mikio
Issue Date :31-Mar-2020
Abstract :本研究では,生徒が描いた自画像の顔の部位に視点を当てた自画像対面法における構造化されたPDI によって,生徒が自画像全体から感じること,そして,目,眉,髪の毛,耳の各部位の左右においては,好きな部位があることが示された。そして,生徒は各々の部位の好きな部位からはポジティブ感情をイメージし,もう一方(好きではない)の部位からはネガティブ感情をイメージすることが示され,生徒自身の自己理解を深めることにつながっていることが伺えた。特にネガティブ感情をイメージする部位においては,不登校の原因等と関連している可能性があることが明らかになった。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教職センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45495
Citation :琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers no.2 p.51 -62
Appears in Collections:No.2 (2020)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No2p051.pdf926KbAdobe PDFView/Open