HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
BULLETIN OF CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
No.2 (2020) >

 
Title :明示的な指導に基づく算数科の授業改善
Title alternative :Elementary Mathematics Lessons Based on Explicit Instruction
Authors :森, 力
兼本, 清寿
Authors alternative :Mori, Chikara
Kanemoto, Kiyohisa
Issue Date :31-Mar-2020
Abstract :新学習指導要領の小学校算数科の目標に「数学的に考える資質・能力を育成する」ことが示され,その実現に向けた授業改善が求められている。そこで,「問題解決」に視点を当て,算数科における「概念や方略」を明示する授業実践を試みた。その結果,「板書で算数用語や式,数直線等を明示すること」や、奈須(2015)の示した「オーセンティックな学習と明示的な指導の適切な組み合わせ」は,問題解決力を高めるには有効であることが見えてきた。本稿では,2つの単元の授業実践を通して,明示的な指導の効果と今後の算数科の授業改善について,考察を中心に報告するものである。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教職センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45496
Citation :琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers no.2 p.63 -72
Appears in Collections:No.2 (2020)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No2p063.pdf960KbAdobe PDFView/Open