HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
BULLETIN OF CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
No.2 (2020) >

 
Title :大学院生の意識からみる教授・学習に関する沖縄の課題 : 学習観を中心に
Title alternative :The present issues about teaching and learning in Okinawa from viewpoint oflearned graduate students : Focusing on beliefs about learning.
Authors :道田, 泰司
Authors alternative :Michita, Yasushi
Issue Date :31-Mar-2020
Abstract :本稿は,教授・学習に関わる沖縄県の教育課題について検討することを目的とした。教育現場自身が明示的に意識していない課題を検討するために,教職大学院において教授・学習に関わる講義を受けて出されたレポート45 名分を検討対象とした。その結果,学習観が重要な課題であることが明らかとなった。それ以外の課題として,特に高校では,「暗記学習」となってしまうことが,校種に特有の課題である可能性が明らかとなった。学習観に関しては,それ自体が単体で課題となっているというよりも,「知識・理解・記憶」「活用」「対話的な学び」「学習意欲」「学習プロセス」など多くの課題と関連していることが明らかとなった。このように学習観が子どもの学びのさまざまな側面と関係していることから,学習観を切り口に教育課題を考える重要性が示唆された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教職センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45498
Citation :琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers no.2 p.85 -96
Appears in Collections:No.2 (2020)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No2p085.pdf577KbAdobe PDFView/Open