HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
高度教職実践専攻紀要 >
Vol.4 (2020/3) >

 
Title :「家庭との連携」を意識した中学校保健の授業づくりに関する研究 : 教師チームによる授業づくりと保護者インタビューの教材化を通して
Title alternative :A study on making health classes in junior high school with awareness of “cooperation with family” : Through teaching by teacher team and using interviews with parents as teaching materials
Authors :東江, 寛
村末, 勇介
Authors alternative :Agarie, Hiroshi
Murasue, Yusuke
Issue Date :6-Mar-2020
Abstract :保健学習の指導法の工夫に関しては,様々に取り組まれている現状は報告されているものの,具体的な授業実践にもとづく児童・生徒の変容との関わりを踏まえての検討は進んでいない。また,学習指導要領の総則では,「体育・健康に関する指導」において「家庭や地域社会の連携」が強調されているが,こうした視点からの指導法の工夫もあまり進んでいるとは言えない状況にある。筆者らは,中学生の保健学習において教師チームによる授業づくりを行い,家庭との連携の取組の1つとして「保護者インタビュー」を取り入れた授業を展開した。この授業を通して,生徒たちは思春期の悩みを教師に素直に語り,教師たちは複数体制でその生徒のフォローを行うことができた。本研究では,その実践記録と教師チームによる実践の総括を元に,保健の授業づくりに関わる諸条件を整理し今後の課題を提起した。
Type Local :紀要論文
ISSN :2432-5341
Publisher :琉球大学大学院教育学研究科
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45632
Citation :高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 Vol.4 p.59 -73
Appears in Collections:Vol.4 (2020/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol4p59.pdf1234KbAdobe PDFView/Open