HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
高度教職実践専攻紀要 >
Vol.4 (2020/3) >

 
Title :教科等横断的な視点に立った資質・能力の育成に向けた取組 : 管理職等研修会と沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校での取組を中心に
Title alternative :Training for upbringing of the quality and the ability by the way to interdisciplinary perspective. : Focusing on an analysis of a management workshop and a workshop at Futenmadaini elementary school.
Authors :白尾, 裕志
Authors alternative :Shirao, Hiroshi
Issue Date :6-Mar-2020
Abstract :次期学習指導要領は小学校では2020年度から,中学校では2021年度からの完全実施となる.各学校や教育委員会では完全実施に向けた研修等に力を入れ始めている.「社会に開かれた教育課程」「主体的・対話的で深い学び」「カリキュラム・マネジメント」等の複数の概念から成る学習指導要領は,地域との連携・協働を基に計画,実践,評価を通した教育課程の改善を軸に学校教育の充実を図るものである.次年度以降の完全実施に向けて学習指導要領そのものの理解と準備について,目指す資質・能力の育成を踏まえた各学校の教育目標の明確化の手立てと教科等横断的な視点に立った資質・能力の育成を中心に本学のアドバイザリースタッフ派遣事業で行ってきた.本論では沖縄県教育庁島尻教育事務所が主催する管理職等研修会と宜野湾市立普天間第二小学校での取組を手掛かりに行った実践を基に成果と課題を示す.
Type Local :紀要論文
ISSN :2432-5341
Publisher :琉球大学大学院教育学研究科
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45633
Citation :高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 Vol.4 p.121 -133
Appears in Collections:Vol.4 (2020/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol4p121.pdf2082KbAdobe PDFView/Open