HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Agriculture) >

 
Title :フクギの結実習性と果実の発育過程
Authors :谷口, 真吾
西原, 史子
中須賀, 常雄
Issue Date :31-Aug-2008
Abstract :フクギの繁殖生態を解明し,その知見の応用として,果実成熟期に発散する成熟果実の腐敗臭を回避するため,果実生産を極力少なくする適切な剪定位置を検討した。着果が集中する2年枝における果実の着生位置は2節が最も多く,ついで1,3節でありそれ以外の節は10 %以下の着果率であった。開花直後からの果実数の減少は1,2節で低く,4,5節で高い傾向であった。このことから,果実成熟期におけるフクギの果実数は,2年枝のとくに1,2節に多く,それ以外の節では1,2節に比べて少ない傾向であった。剪定によりフクギの果実生産を人為的に減少するには,当年枝を含み2年枝の3節から先端の部分を切り詰めることが現実的であるものと推察された。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :0916-7439
Publisher :日本緑化工学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/45666
Citation :日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology Vol.34 no.1 p.145 -148
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Agriculture)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
34_145.pdf1207KbAdobe PDFView/Open