HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.14 (1967/10) >

 
Title :宜野座村における農業情報メディアの普及と農民の態度(農学科)
Title alternative :Development of agricultural information and attitude of farmers in Ginoza-son to the media (Department of Agriculture)
Authors :古謝, 瑞幸
Authors alternative :Koja, Zuiko
Issue Date :1-Oct-1967
Abstract :1.宜野座村における農業情報メディアの普及とそれに対する農民の態度についてアンケート調査を行なった。2.全村の農家640戸にアンケートを配布して回答を依頼したが, 回収率は約65%にとどまった。それでこの調査は65%, 即ち415戸を対象とする。3.調査の結果はすべて1965年9月1日現在とする。4.テレビジョンをもっている農家は415戸の中59.3%である。テレビジョンによる農業教育番組を希望する者が415人の中, 73.5%もいる。5.ラジオをもっている農家は415戸の中, 86.5%をしめている。6.ラジオの話の内容がわかりやすいとする者は415人の中, 52%で, その他はむずかしいとか, わからない人たちである。7.ラジオの話を農業に応用したことのある人は415人中, 45%をしめている。8.新聞を購読している農家は415人中, 約64%をしめている。9.新聞の農業記事の内容がわかりやすいとする者は415人中45%である。10.新聞記事としては普通の農民の成功物語よりも, 科学的な新技術の紹介を好む人の数が少し多い。11.宜野座村におけるラジオと新聞の比率は1.7 : 1でラジオが多い。12.琉球政府農業改良課発行の月刊普及誌農家の友は6か年以上の発行歴をもつが, それを見たことのある人は415人の中, 47%しかいない。13.農家の友は約10戸に1部の割当で, 毎月読んでいる人は415人の中わずか3%である。14.農家の友の記事がわかりやすいとする人は415人の中52%で, 半分以上の人がよく読解していることになる。しかし, この比率は新聞の同じ項目よりも16%低い。15.農家の友の発行部数をふやすことを望む人は415人の約42%に達している。多くの人に読んでもらうために現発行部数を拡張することが望ましい。16.琉球大学農学部発行の月刊普及誌農家便りは9か年余の発行歴をもつが, それを見たことのある人は415人の中28%しかいない。17.農家便りは農家戸数約20戸に対して1部の割であるが, 毎月それを読んでいる人は415人の中約2%にすぎない。年に2∿3回読むのが約21%で, 最も多いグループである。18.農家の友も農家便りも自宅で読む人の数が多い。それに次ぐのが公民館である。19.農家便りの内容がわかりやすいとする人は415人の中約22%である。その他はむずかしいとかわからないとする人たちである。20.農家便りを農業や生活面に応用したことのある人は415人中, 約22%である。これは農家の友より約14%低い。21.農家便りの現行発行部数をふやすことを望む人は415人中, 約25%である。みたことのある人が極少であることと, リーダー育成の見地からもっとふやすことが望ましい。22.購読されている農業雑誌の中, 最も多いのは家の光で415人の25%をしめている。養鶏や園芸などの専門雑誌は1%程度で非常に少ない。23.農業の相談相手としていちばん好まれているのはラジオで, 415人中約30%の人がそれを選んでいる。次は新聞, テレビジョンの順である。農業雑誌でいちばん好まれているのは家の光で, 全体の4位で, テレビジョンに次ぐ。
1. Studies on the development of main agricultural information media and on the attitude of farmers for them were made in Ginoza-son (village). 2. One copy of questionnaire was given to each of all farm families of 640 in the village, and 65% (415 copies) was collected. Therefore the analysis is on the 65% families or farmers. 3. The studies were made from September 1 to Nevember 30,1965. 4. Among the farm families, 59.3% has own television set, and 73.5% wants to have agricultural education program on television. 5. Among the farm families, 86.5% has own radio set. 6. Among the farmers, 52% understands the agricultural information well on radio and the others find it difficult. 7. The number of those who have experiences of adoption of radio talks on their farm practices consists of 45% of the farmers. 8. About 64% of the farm families takes news paper. 9. About 45% of the farmers understands agricultural news stories well. 10. The number of those who prefer the seientific technical information on agriculture outnumbers a little that of those who prefer the successful story of general farmers. 11. The ratio of number of radio sets and news papers read there is 1.7 : 1. 12. The monthly extension bulletin NOKA NO TOMO issued by the Section of Agricultural Improvement, Government of the Ryukyus has been published for more than 6 years and given to farm families without charge. But, it's existence is known by 47% of the farmers yet. 13. For about 10 farm families, 1 copy of NOKA NO TOMO is given generally. According to the results of this investigation, only 3% of the farmers are used to read it every month. 14. Those who read and understand well the NOKA NO TOMO consists of 52% of the farmers. But the percentage is lower than that of those who read and understand similar information on news papers. 15. Among the farmers, 42% wants to increase the circulation of NOKA NO TOMO so that more people may be able to have a chance to read it. 16. The monthly extension bulletin NOKA DAYORI issued by the College of Agriculture, University of the Ryukyus has been published for more than 9 years and given to rural leaders and farmers without charge. But, it's existnce is known by only 28% of the farmers. 17. For about 20 farm families, 1 copy of NOKA DAYORI is given generally. But, the number of those who are used to read it every month is 2% of the farmers only. 18. Both the NOKA NO TOMO and the NOKA DAYORI are read mostly at home being seconded by the community hall. 19. The number of those who understand the information in NOKA DAYORI well consists of about 22% of the farmers. The others find it difficult. 20. Among the farmers, 22% has experiences of adoption of the information in NOKA DAYORI upon farm and home living practices. This is about 14% lower than that case of NOKA NO TOMO. 22. IE NO HIKARI is more popular among all kinds of commercial agricultural magazines consisting of 25% of the farmers. Poultry and Horticulture magazines are read by only 1%. 23. Radio is prefered first among above mentioned media for getting agricultural information consisting of 30% of the farmers. The news paper and television follow it. IE NO HIKARI ranks the 4th consisting of 8.2%, and the first among the agriculural magazines.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4574
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.14 p.123 -143
Appears in Collections:No.14 (1967/10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161559.pdf1599KbAdobe PDFView/Open