HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Medicine) >

 
Title :人工肛門脱術後にCEA値の低下を認めたS状結腸癌腹膜播種の1例
Title alternative :A Case of Sigmoid Colon Cancer with Intraperitoneal Dissemination that Showed a Sharp Decrease of the Serum CEA Level after Surgery for a Prolapsed Colonic Stoma
Authors :西垣, 大志
金城, 達也
伊禮, 靖苗
西巻, 正
Nishigaki, Taishi
Kinjo, Tatsuya
Irei, Yasue
Nishimaki, Tadashi
Issue Date :2017
Abstract :63歳,男性.前医にてS状結腸癌穿孔,腹膜播種の診断でS状結腸切除,小腸部分切除,横行結腸人工肛門造設術を施行.化学療法目的に当院紹介となり,外来化学療法中であった.傍ストマヘルニアを伴うストマ脱を認め,腹痛を繰り返すようになったため,ストマ修復およびヘルニア修復術を施行した. 術前まで血清CEA値は504ng/mlと高値を示していたが,術後に10ng/mlと著明な低下を認めた.また,精査では約4.5cm大の播種巣1箇所のみであったため,ストマ脱手術の3カ月後に播種巣切除術を施行した.術後再発なく経過している. 本症例のCEA高値の機序はストマ脱腸炎による可能性が示唆された. 今回,腹膜播種を伴う進行下行結腸癌術後に発症した傍ストマヘルニアおよびストマ脱に対する手術後,著明なCEA値の低下を認めたため,播種に対する根治術が可能であった症例を経験したので,若干の文献的考察を加え報告した.
URL :https://doi.org/10.3919/jjsa.78.1855
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :1882-5133
1345-2843
Publisher :日本臨床外科学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/46270
Citation :日本臨床外科学会雑誌 Vol.78 no.8 p.1855 -1858
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
78_1855.pdf1009KbAdobe PDFView/Open