HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Agriculture) >

 
Title :地下水中硝酸性窒素濃度の時空間分布と形成要因について : 沖縄県本島南部琉球石灰岩分布地域を例として
Title alternative :Distribution and Influent Factors of Nitrate Concentration in Groundwater : Case study on Ryukyu limestone region in southern part of Okinawa, Japan
Authors :中野, 拓治
安元, 純
寺澤, 春菜
名和, 規夫
Nakano, Takuji
Yasumoto, Jun
Terasawa, Haruna
Nawa, Norio
Issue Date :25-Aug-2013
Abstract :琉球石灰岩分布地帯である沖縄本島南部地域地下水の硝酸性窒素について,現地観測データ等から時空間的動態を把握し,その形成要因を考察した.調査地域の硝酸性窒素は,正規確率分布によく適合しており,環境基準値(10mgL-1)を若干超過するような濃度水準となっている.硝酸性窒素には,地下水流動に伴った上流から下流に向けた窒素負荷源が影響しているとともに,地下ダム築造で形成された地下水流動場に起因する流入・混合作用と希釈・脱窒作用が関与していることを確認できた.硝酸性窒素の経年変化には,農地からの窒素負荷による影響が示唆されるとともに,周年濃度変化には地下水位変動が影響していることを明らかにすることができた.
URL :https://doi.org/10.11408/jsidre.81.283
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :1884-7242
1882-2789
Publisher :公益社団法人 農業農村工学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/46275
Citation :農業農村工学会論文集 Vol.81 no.4 p.283 -291
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Agriculture)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
81_283.pdf2392KbAdobe PDFView/Open