HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Agriculture) >

 
Title :ケヤキの枝の分岐角と枝長に植栽密度が及ぼす影響
Authors :谷口, 真吾
Issue Date :2002
Abstract :ケヤキとスギを3水準の異なる植栽密度(12,000本/ha, 7,000本/ha, 3,500本/ha)に1 : 1混植した5年生の林分において, スギとの競合成長がケヤキの樹高, 胸高直径, 枝下高, 枝の分岐角, 枝長ならびに枝の基部径に及ぼす影響を検討した。高密度に仕立てたケヤキはスギとの競合の結果, 枝の分岐位置が高くなるにつれて枝を立ち上げ, 光の獲得を有利に行って枝長を増加させていくと推察された。ケヤキとスギの混植では, 枝下の高いケヤキが得られる植栽本数は7,000本/ha以上が望ましいと考えられた。
URL :https://doi.org/10.7211/jjsrt.28.244
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :0916-7439
1884-3670
Publisher :日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/46365
Citation :日本緑化工学会誌 Vol.28 no.1 p.244 -247
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Agriculture)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
28_244.pdf502KbAdobe PDFView/Open