HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.97 (2020/9) >

 
Title :小中学生における天体の大きさおよび空間認識の変化を促す授業実践 : 部分日食観察会の事例をもとに
Title alternative :A practical workshop program that extend children's cognitive about the size and the distance of heavenly bodies in space : A case of elementary observation of partial eclipse of December 26th, 2019
Authors :宮国, 泰史
前野, 昌弘
福本, 晃造
杉尾, 幸司
Authors alternative :Miyaguni, Yasushi
Maeno, Masahiro
Fukumoto, Kozo
Sugio, Koji
Issue Date :Sep-2020
Abstract :本実践では、日食現象が、星間距離などの天体レベルにおける空間認識概念を児童・生徒が獲得するための有用な教材となりえるかを検討するため、部分日食観察会に参加した小中学生および保護者の太陽・月・地球の相対的な大きさおよび距離の認識について調査を行うとともに、その概念の伸長を促すため、4億分の1サイズにおける太陽・月・地球の模型を用いた実践を行った。調査の結果、参加した小中学生の太陽・月・地球の相対的な大きさおよび距離の認識には非常に幅があり、多くの児童・生徒は、天体レベルでの大きさや空間概念を十分に獲得していないことが明らかになった。しかし、本実践後には、太陽・月・地球の空間認識概念の伸長を示す記述内容が多くの参加者の感想から得られ、本実践に一定の効果が認められた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/47071
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.97 p.91 -98
Appears in Collections:No.97 (2020/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No97p091.pdf2171KbAdobe PDFView/Open