HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.97 (2020/9) >

 
Title :協同学習の成否に関する事例的検討2 : 正解主義と情意面の影響
Title alternative :Case studies on how to succeed or fail the cooperative and collaborative learning at school settings( 2 ) : The effect of “correct answer supremacy” and affective factors
Authors :道田, 泰司
比嘉, 俊
比嘉, ゆかり
平良, 学
嘉陽, 護
仲山, 夢乃
山城, 慶太
Authors alternative :Michita, Yasushi
Higa, Takashi
Higa, Yukari
Taira, Manabu
Kayou, Mamoru
Nakayama, Yumeno
Yamashiro, Keita
Issue Date :Sep-2020
Abstract :本研究の目的は,学校教育において協同学習が成立するか否かを分けるものについて,実践事例を通して考察を行うことである。教職大学院生が9月と2月に公立学校で2週間行う実習において試みられた協同学習の事例5つを提示した。それらの事例に加え,道田他(2019) に挙げた事例も加えて検討を行った。その結果,授業者が正解主義に陥らないこと,認知面だけでなく,学習者の情意面を育むこと,という協同学習のポイントが示唆された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/47072
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.97 p.99 -109
Appears in Collections:No.97 (2020/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No97p099.pdf1113KbAdobe PDFView/Open