HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.97 (2020/9) >

 
Title :沖縄県の高校生の将来の職業選択と進路意識の変容に関する研究 : 意志型と願望型の分析と1998 年と2019 年の比較を中心に
Title alternative :A Study on the Transformation of Senior High School Students’ Future Career Consciousness and the Sense of Purpose in Okinawa : Students’ Character of Will and Desire Type and Comparison of Results Between 1988 and 2019
Authors :下地, 敏洋
島袋, 恒男
多和田, 実
盛山, 泰秀
Authors alternative :Shimoji, Toshihiro
Shimabukuro, Tsuneo
Tawada, Minoru
Moriyama, Yasuhide
Issue Date :Sep-2020
Abstract :本研究の目的は,ここ20 余年での沖縄県の高校生の大学進学率と就職率の大幅な上昇に対応する将来の職業選択と進路発達およびそれを支える意味ある他者親・教師・友人の変化を,1998 年の結果との比較を通して明らかにすることであった。特に目的に向けて行動する意志型と,目的はあるが行動しない願望型の視点からの比較を行った。沖縄県各地区の普通高校2年生,900 名程度が本研究の調査対象者となり1998 年の結果と比較された。調査の結果,大学進学希望の高校生は1998 年に比べ大きく増加していたが,家庭学習時間はそれに対応せずわずかに増加していた。将来の職業選択は若干の変動はあるが,基本的には「仕事の外面性」に基づく選択が顕著であり,深い職業理解である「仕事のやり方」「仕事の性質」に基づく選択は弱くなっていた。意志型と願望型の比率の比較では,明らかに意志型の高校生は大きく減少し,願望型の高校生は大きく増加していた。意志型と願望型の職業選択,その選択理由と進路発達および意味ある他者親・教師・友人の得点は,1998 年同様意志型の得点が望ましい結果にあった。しかし,1998 年の意志型の得点との比較では,高い学力が求められる職業の選択が少なくなり,職業選択の理由でも「仕事の外面性」の得点が上昇し,「仕事の性質」の得点は低下していた。進路意識でも「個人的将来目標」の得点は変化がなく,周りの人に認められたいという承認欲求に基づく将来・学習目標になっている傾向が見られた。これに関連して「意味ある他者・親」の得点が大きく低下していた。これらの結果から,一般的に大学受験・成績のための勉強という意識が強くなり進学率は上昇している。しかし,将来の職業目標が高校生の学習の在り方を方向づけるというキャリア教育の理念と目的は,十分に展開・浸透していない可能性が示唆されていた。高校生の個人的将来目標の育成の中での進学・学習指導の構築というキャリア教育の見直し・強化の必要性がうかがえた。
Purpose of the Study: The main purpose of this study is to report the status quo related to the senior high school students’ career consciousness and the sense of purpose in Okinawa through the result of the questionnaire survey. Design and Methods: The authors carried out the questionnaire survey on high school students’ career consciousness and sense of purpose to 12 prefectural high schools in Okinawa. Respondents (N=899) completed the questionnaire and questions of each category were analyzed as descriptive data for this report. The descriptive data were compared with the data conducted in 1998. Results: The results show that the tendency of students’ career consciousness and the sense of purpose is almost the same as the result conducted in 1988. There are several differences between will and desire types: will types’ students pay much more attention to social services and cooperation in the way of work and their ability in nature of work compared to their counterparts. Implications: It is a good way for high school students to have more chances to talk about many topics related to their future jobs with parents, teachers, and classmates to improve their motivation to understand the importance of academic works and their future careers. Furthermore, the career education focused on life-long education should be considered in high schools, especially for male students and the desiretypes’ stduents.
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/47081
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.97 p.157 -172
Appears in Collections:No.97 (2020/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No97p157.pdf1945KbAdobe PDFView/Open