HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.97 (2020/9) >

 
Title :中学生の科学的な探究過程・能力の実態 : ある中学校に在籍する生徒の学年差の確認と授業準備支援のためのワークシートの提案
Title alternative :The Reality of the Scientific Inquiry Process and Skills of the Students in a Lower Secondary School : Confirmation for Grade Difference in the Same School and Proposal of the Worksheet to Support Science Lesson Preparation
Authors :吉田, 安規良
前花, 日和
Authors alternative :Yoshida, Akira
Maehana, Hiyori
Issue Date :Sep-2020
Abstract :生徒が科学的に探究するために必要な指導の工夫や授業づくりの考案につなげるために,沖縄島中南部に所在するA中学校に2019 年度(平成31・令和元年度)に在籍していた生徒の科学的に探究する能力に関する実態や傾向を把握した。生徒の実態の特徴として,疑問に思った時は仮説を立てようと意識している生徒は多いが,すぐには仮説を思いつけない生徒が多い。また,他者の仮説や考えを理解することの大切さを感じているものの,自分の立てた仮説に自信がない生徒が多く存在していた。生徒の多くは仮説を確かめるための実験方法を提案しているとは強く思っていない。探究の過程のうち「検証計画の立案」について,仮説の根拠,大まかな検証計画,検証した結果の予測を記述しようとする意識は低い。検証計画を立案する際の独立変数の値を設定する能力の多くの生徒の実態として,独立変数の個数設定根拠が不明確で,0に設定した時の実験を考えていないが実現可能な形で設定していた。この結果を踏まえて,「生徒から引き出したい問いが,生徒が解決を目指す疑問の答えと正対するものであること」,「生徒の生活経験を整理すること」,「既習事項,学習のつながりを整理すること」の関係性を簡単に整理することを狙ったワークシートを試作した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/47087
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.97 p.235 -252
Appears in Collections:No.97 (2020/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No97p235.pdf4988KbAdobe PDFView/Open