HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Global and Regional Studies >
Bulletin >
University of the Ryukyus Management Research >
No.1(2021/1) >

 
Title :コロナ禍に対応する研究課題の再検討 : 沖縄感染症対策共同研究の知見を振り返る
Title alternative :In Search of Research Agenda to Combat Against COVID-19 : New Implications of Joint Research of Combating Infectious Diseases in Okinawa
Authors :大角, 玉樹
Authors alternative :Osumi, Tamaki
Issue Date :Jan-2021
Abstract :筆者は平成27 年度から平成29 年度まで,異分野融合型の研究として,沖縄感染症研究拠点形成促進事業「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」に共同研究者として参画した。感染症対策における技術イノベーションと政策・施策提言をテーマに取り組み,その成果とネットワークを活用した,新たな研究の展開を模索してきたものの,長らく方向性が定まらなかったが,今回のコロナ禍を受けて,これまでに考えてきた研究課題を再整理することにより,実践的な提言につながる研究を探求していきたい。
Type Local :紀要論文
ISSN :2436-1380
Publisher :国際地域創造学部 経営プログラム
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/47668
Citation :琉球大学経営研究 = University of the Ryukyus Management Research no.1 p.60 -69
Appears in Collections:No.1(2021/1)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No1p60.pdf304KbAdobe PDFView/Open