HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
BULLETIN OF CENTER FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT OF TEACHERS >
No.3 (2021) >

 
Title :部活動顧問教員とスクールロイヤー兼部活動コーチとの協働実践の試み
Title alternative :Attempt of Collaborative Practices by School Club Activity Advisor Teacher and School Lawyer Doubling as School Club Activity Coach
Authors :武田, 昌則
前原, 大知
Authors alternative :Takeda, Masanori
Maehara, Daichi
Issue Date :31-Mar-2021
Abstract :中学校では、持続可能な運動部活動の在り方について検討し、速やかに改革に取り組むことが求められており、部活動顧問教師に多大な負担が課せられている状況は改善されなければならない。他方で、部活動に伴う問題は年々複雑・多様化しており、その解決は容易でない。琉球大学教育学部附属中学校では、スクールロイヤーとなった弁護士が男子硬式テニス部のコーチに就任し、顧問教師とともに、部活動に伴う問題を協働で解決することを試みた。部活動のマネジメントに関する問題については、教育のプロである部活動顧問教師と法律のプロであるスクールロイヤーの協働によりその解決が容易になった面もある。ただし、部活動に関わる学校職員の負担の重さなど、現場の努力のみでの解決には限界がある問題も残っている。この試みも、中学校の中の一つの部活動で偶然に実施できたものにすぎないが、持続可能な部活動の在り方を考えるための一資料になればと考え、ここに紹介する。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教職センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/48014
Citation :琉球大学教職センター紀要 = Bulletin of Center for Professional Development of Teachers no.3 p.67 -73
Appears in Collections:No.3 (2021)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No3p067.pdf1000KbAdobe PDFView/Open