HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
高度教職実践専攻紀要 >
Vol.5 (2021/2) >

 
Title :思考力向上に焦点を当てたピアノレッスンの取り組み : F. ショパン作曲 即興曲op.29を一例に
Title alternative :The Piano Lesson Which Aims To Improve Students’ Critical Thinking : Impromptus Op.29 Composed by Frederic Chopin
Authors :西村, 幸高
Authors alternative :Nishimura, Yukitaka
Issue Date :28-Feb-2021
Abstract :ピアノを演奏することは,楽譜を読むことから始まり,作曲者の意図を読み取り,それを最終的に音色で表現していく。しかし,先生に言われるままの演奏は本来の演奏者自身の演奏なのか疑問が残る。その解決方法の一つとして,演奏者自身の「思考力」を加えることで,常に自らを省みる演奏となり,表現芸術として一層の深みがでてくる。今回,学習者の「思考力」に焦点を当てることに着目し,学生自身が自ら考え,レッスン前より自然体で弾くことができるようになったことが一定の成果として挙げられる。一方で,今後の課題としては学生がさらに深く自らの演奏を探求し,「自身の作品を作り上げる」ことを目指していきたい。
Type Local :紀要論文
ISSN :2432-5341
Publisher :琉球大学大学院教育学研究科
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/48193
Citation :高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 Vol.5 p.133 -140
Appears in Collections:Vol.5 (2021/2)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol5p133.pdf2282KbAdobe PDFView/Open