HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Global and Regional Studies >
Bulletin >
Ryudai review of Euro-American studies >
No.65 (2021/3) >

 
Title :Influence of the Target Language Exposure in EFL : What do Learner Corpora Tell about Change of Formulaic Sequences in Academic Writing
Title alternative :目標言語による授業運営の影響 : アカデミックライティングにおける日本人EFL学習者の定型表現(formulaic sequences)使用の変化
Authors :Goya, Hideki
Authors alternative :呉屋, 英樹
Issue Date :Mar-2021
Abstract :“formulaic sequences” (定型連鎖)は重要な言語知識であり(Wray, 2002), 第二言語(外国語)による円滑なコミュニケーションを行うためには必要不可欠な知識である(Pawley & Syder 1983)。その重要性にも関わらず,その能力の発達,特に適切な定型表現の使用を身につけるまでには長い時間を要する(Laufer & Waldman, 2011)が,多くの研究では学習言語のインプットに十分に触れることでformulaic sequencesは熟達すると指摘されている。本研究では,学習言語を教授言語とする教室環境において日本人英語学習者(n = 27)の“lexical bundles” (単語連鎖)の使用とその変化について調査した。調査は参加者の産出したライティングのコーパスを構築し,AntConcを用いて語彙の分布と頻度,およびサイズの異なる単語連鎖を抽出した。分析の結果,参加者は高頻出語彙を多用するようになり,2語からなる単語連鎖 (2-gram lexical bundles)の使用が増加するともに,その他のサイズの単語連鎖の使用は減少した。このことから,学習言語を教授言語とするEFL環境では産出的スキル向上への効果は限定的ではあるが,phraseological competence(定型表現能力)の向上への影響の可能性を示した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1341-0482
Publisher :国際地域創造学部国際言語文化プログラム
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/48428
Citation :琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies no.65 p.43 -64
Appears in Collections:No.65 (2021/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No65p043.pdf871KbAdobe PDFView/Open