HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.99 (2021/9) >

 
Title :非対面で実施した科学教育プログラムの効果と問題点
Title alternative :Effects and Problems of Online Science Education Programs
Authors :宮国, 泰史
福本, 晃造
杉尾, 幸司
前野, 昌弘
山城, 康一
濱田, 栄作
古川, 雅英
Authors alternative :Miyaguni, Yasushi
Fukumoto, Kozo
Sugio, Koji
Maeno, Masahiro
Yamashiro, Yasukazu
Hamada, Eisaku
Furukawa, Masahide
Issue Date :1-Sep-2021
Abstract :琉球大学では、科学に強い興味関心のある児童・生徒を対象に先進的な科学教育プログラムを提供する「琉大ハカセ塾」を、平成29年度より実施している。令和2年度については、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、従来の教育プログラムの一部を非対面方式に変更した。本稿では、非対面方式で実施したプロブラム内容について報告するとともに、過去の実施方法等との比較を通して、非対面方式で科学教育プログラムを実施する際の問題点や改善点の把握を試みた。実施内容とその結果から、非対面方式での科学教育プログラムは、従来行われてきた対面方式でのプログラムと比べて短所だけでなく長所も持ち合わせており、様々な分野において、新しい授業スタイルの工夫につながる可能性が示唆された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/49866
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.99 p.161 -171
Appears in Collections:No.99 (2021/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No99p161.pdf1685KbAdobe PDFView/Open