HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.99 (2021/9) >

 
Title :協同学習の成否に関する事例的検討3 : 学習者を起点とした授業展開の重要性
Title alternative :Case studies on how to succeed or fail the cooperative and collaborative learning at school settings(3) : Importance of teaching starting with learners’ thinking
Authors :道田, 泰司
比嘉, 俊
濱川, 法子
田場, 千夏
上地, 真理子
崎浜, 智恵
我那覇, ゆり子
酒井, 織恵
Authors alternative :Michita, Yasushi
Higa, Takashi
Hamagawa, Noriko
Taba, Chinatsu
Uechi, Mariko
Sakihama, Tomoe
Ganaha, Yuriko
Sakaki, Orie
Issue Date :1-Sep-2021
Abstract :本研究の目的は,学校教育において協同学習が成立するか否かを分けるものについて,実践事例を通して考察を行うことであった。教職大学院の実習で行われた6つの実践事例を元に検討を行った。検討の結果,協同学習以前に,授業の基本的な組み立てに問題がある場合に,協同学習がうまく行かないことが明らかになった。すなわち,学習者を理解した上で授業を構想することが,協同学習がうまくいくポイントとして考えられた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/49870
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.99 p.85 -98
Appears in Collections:No.99 (2021/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No99p085.pdf1794KbAdobe PDFView/Open