HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.1 (1999) >

 
Title :重症心身障害児とのコミュニケーション成立に関する一考察 : Tさんとの身体を通した遊び場面の分析を通して
Title alternative :A Study of Communication development with the Severely and Profoudly Handicapped : Analysis of the Play-Scene through T's body
Authors :新里, 誠
神園, 幸郎
Authors alternative :Shinzato, Makoto
Kamizono, Sachiro
Issue Date :28-Oct-1999
Abstract :発達が乳児前半段階にある重症心身障害児とのコミュニケーション成立を図るために、二つの遊び場面のビデオ録画とトランスクリプト作成を通して、教師と子どもの関わり方の分析を行った。その結果、次のような知見が得られた。 1.くすぐり遊びでは、Tさんの応答性を引き出す関わりに終始したため、視線の動きの読みとりが不十分であり、やりとり成立は少なかった。 2.立つち遊びでは、Tさんの快表現の上体の揺らしや「手叩き」をTさんの伝達性のサインとして見なし、腰や手に直接触れることで、やりとり成立が多くなった。 3.重症心身障害児とのコミュニケーションでは、子どもの快表出を表現と受け止められる関わり手の感受性や、やりとりの間が重要であることが確認できた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5057
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.1 p.153 -162
Appears in Collections:No.1 (1999)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004249337.pdf1090KbAdobe PDFView/Open