HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.2 (2000) >

 
Title :筋機能療法を用いた側音化構音の改善に関する研究(1) : ことばの教室における指導実践を通して
Title alternative :A Study on Improvement of Lateral Articulation Applied Myofunctional Therapy (1) : Through Practical Teaching in a Kotobanokyousitu (Resource Room) of Elementary School
Authors :上江洲, 留易
平田, 永哲
Authors alternative :Uezu, Rui
Hirata, Eitetsu
Issue Date :31-Mar-2000
Abstract :本研究は、59音もの側音化構音を有する児童に対して、筋機能療法(以下、MFT)を適用し、側音化構音を改善することを目的として行った。対象児は6歳女児で、口腔機能に弱さと不調和が見られ、安静時には常に開口し舌が突出し、発話時には過剰に動く舌癖を有した。結果は、MFTの適用により、舌筋及び口腔周囲筋の機能はほぼ完全に改善された。口腔周囲筋の機能を高めたことにより、短期間の構音指導で/s/音の改善が見られた。しかし、/i, ∫i/音には改善が見られなかった。改善されなかった原因は、絶えず過剰に動く丁子の舌癖と指導期間の短さが考えられる。以上のことから、構音指導の基礎訓練としてMFTを適用することは、側音化構音の改善において有用であることが示唆された。ただ、過剰に動く舌癖を取り去ることが課題に残された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5064
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.2 p.93 -106
Appears in Collections:No.2 (2000)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004249216.pdf1315KbAdobe PDFView/Open