HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.2 (2000) >

 
Title :ソーシャルスキル・トレーニングを必要とするLD(学習障害)児への対応 : 状況の理解を促す指導実践を通して
Title alternative :Approach to Children with Learning Disabilities who Needs Social Skill Training : Through Individualized Training to Promote Recognizing Situations
Authors :大城, 政之
平田, 永哲
Authors alternative :Ooshiro, Masayuki
Hirata, Eitetsu
Issue Date :31-Mar-2000
Abstract :本研究では、状況の理解が困難でソーシャルスキル・トレーニングを必要とする小学2年生のLDと診断された男児への対応について検証した。これまでのソーシャルスキル・トレーニングにおいて取り組まれてきた「認知・社会的学習モデル」と「対人間認知的問題解決モデル」を参照しながら、状況の理解を促し、適切な行動が図れるスキルを獲得させることを目的とした指導を試みた。一日の流れをパネルにして自己の行動の見通しを立てさせる課題や認知発達教材を利用してその場に合った会話(ことば)の認識を促す課題、そして、ロールプレインを通した状況の理解とその状況に合ったことばの選択を促す課題を実施した。結果として、指導を展開した教室内においては、対象児の行動に積極性、その状況でのことばの選択に改善が見られたが、多集団の中での社会的行動に十分な般化が見られなかった。ソーシャルスキルのアセスメントや「文脈論モデル」を考慮に入れた指導法の工夫が必要であることが課題として残された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5065
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.2 p.107 -121
Appears in Collections:No.2 (2000)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004249217.pdf1055KbAdobe PDFView/Open