HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.2 (2000) >

 
Title :知的障害養護学校卒業生の就労状況と課題に関する一考察 : 雇用企業調査を通して
Title alternative :A Consideration about the Employment Conditions and Problems of Mentally Retarded Children who Graduated from Special Schools : Through Investigations of Employing Enterprises
Authors :真謝, 孝
平田, 永哲
Authors alternative :Majya, Takasi
Hirata, Eitetu
Issue Date :31-Mar-2000
Abstract :過去5年間に沖縄県内の知的障害養護学校を卒業した企業就労者と、雇用企業の状況把握のための調査を行った。151社の回答を得た結果、次のような実態と課題が明らかにされた。雇用企業は従業員20人以下の小規模な事業所が多く、製造業、サービス業を主な業種としている。雇用されている知的障害者の平均的な賃金水準は低く、自立的な生活のための支援が必要である。企業は、雇用の際に生活に関する基本的能力の獲得を重要視しており、学校教育にもそれを期待している。職場への定着のために雇用後も家庭の協力を求めている。就労後の離職は1年以内の割合が高く、理由として「本人の都合、問題」が多いと企業は認識している。職場適応をスムーズに実現するために、特に就労直後の職場、家庭、学校の連携による本人支援は重要である。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5067
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.2 p.139 -148
Appears in Collections:No.2 (2000)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004249219.pdf909KbAdobe PDFView/Open