HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.6 (2004) >

 
Title :親子間のコミュニケーションスタイルについての考察I : 沖縄県のブックスタートの取り組みを通して
Title alternative :The Communication Style between Children and Parents : Through the Book Start Program in Okinawa
Authors :友利, 久子
嘉数, 朝子
若松, 昭子
Authors alternative :Tomori, Hisako
Kakazu, Tomoko
Wakamatsu, Akiko
Issue Date :31-May-2004
Abstract :親子のコミュニケーションスタイルを検討するため、今回はブックスタートプロジェクトの取組を通して考える。乳幼児期からの心の教育の重要性が叫ばれる中、育児不安を抱える母親が増加し、わが国における子育て支援策も多岐に渡る。日本においては、子育て支援策として導入されたブックスタートは、絵本を介して親子のあたたかなコミュニケーションをはぐくむことを支援する活動で、2000年に日本に導入されて以来全国で広がりをみせている。今回は、この活動を通して心の教育の観点から乳児期の親子のコミュニケーションの形成過程を検討し、今後の子育て支援のあり方への示唆を求めるものとする
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5105
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.6 p.99 -109
Appears in Collections:No.6 (2004)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004249302.pdf914KbAdobe PDFView/Open