HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.13 (2006/3) >

 
Title :不登校小3女児の描画をもとにした母子カウンセリング
Title alternative :The Drowing Counseling for Mother and Daughter with Non-Attendance at Elementary School
Authors :平田, 幹夫
Authors alternative :Hirata, Mikio
Issue Date :Mar-2006
Abstract :本事例では、不登校に陥った小3児童(以後K子)の教室に掲示されていた「母の日の画」から心理アセスメントを行い、それをもとに母子カウンセリングを2回行った。面接においては、「動的家族画」、「動的学校画」、「家族が立っている画」「自由画」の描画テストを実施した。描画を解釈しK子の情動を母親に伝えたことによって、母親のK子への関わりに大きな変化が現れた。その結果、初回面接の翌日から学校復帰を果たした。また、K子の問題を契機に家族システムにも変化が見られた。その後、4年生から6年生にかけて年に1回の割合で描画テストを行いフオローアップを行った。K子は3年生の面接以降、6年生になるまで不登校になることはなかった。実施した描画テストを縦断的に分析した結果、家族システムの良好な変化が描画の変化として表出していることが明らかになった。本事例を通して、描画テストは子どもの内面世界を表出すると同時に、その活用は、カウンセリングにおいて臨床的に有効であると思われた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5638
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 no.13 p.11 -24
Appears in Collections:No.13 (2006/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No13p011.pdf1401KbAdobe PDFView/Open