HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.11 (2004/3) >

 
Title :全校生徒集団を対象とした講演会形式のエイズ教育の検討 -高等学校における性・エイズ特設授業の実践から-
Title alternative :Examination of a Lecture on AIDS for a Large Number of Students in a High School
Authors :金城, 昇
我如古, 直哉
新垣, 美央
上原, 直子
後呂, 健二
嘉陽, 宗芳
野原, 賢一
金, 福柱
Authors alternative :Kinjo, Noboru
Ganeko, Naoya
Arakaki, Mio
Uehara, Naoko
Ushiro, Kenji
Kayoh, Muneyosi
Nohara, Kenichi
Kin, Fukutyu
Issue Date :Mar-2004
Abstract :県内では12月1日のエイズデーに因んだ特設授業の取り組みは多いものの、エイズ教育の充実という視点からの検討はあまりなされてこなかったように思われる。確かに何百名規模の全校児童生徒集団を対象にすることを考えるとその内容構成や展開方法からしてその効果に限界を感じざるをえないのが実情である。しかし、これだけ毎年実施されることからすると、このことを肯定的に 捉えて新しい発展方向を検討することは意義あることだと考える。今回県立糸満高等学校生約1300名を対象にした性・エイズ特設授業を実践する機会を得たので、従来のエイズ教育の内容や方法の分析をもとに、行動変容をも視野に入れた特設授業のあり方について検討を加えた実践を試みたので報告する。尚、本実践報告は本学大学院教育学研究科保健体育専修の科目である「保健体育科教育特論演習II」及び「保健体育科授業開発・同授業研究」の一環として実施したものである。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5727
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 no.11 p.35 -44
Appears in Collections:No.11 (2004/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No11p035.pdf915KbAdobe PDFView/Open