HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.54 (2007/12) >

 
Title :The Density Management of the Soil-water Preserving Stand
Title alternative :水土保全林の密度管理
Authors :Lu, Yong
Asato, Isao
Zhou, Genmiao
Authors alternative :呂, 勇
安里, 練雄
Issue Date :Dec-2007
Abstract :This study deals on the Density Management of Pinus massoniana soil preserving stands in the Yangzi river area between stand branches and leaves biomass as well as undergrowth dead branches and leaves biomass. The result plotted the density table and showed the best density at 0.68.
本研究は、長江上・中流域に植栽されたタイワンアカマツ(馬尾松)水土保全林120箇所を対象に、林冠層や下層の枝葉及び枯死枝葉バイオマス等の関係を調査し、適切な林分密度管理基準を検討したものである。 林冠層における枝葉のバイオマスは、林冠密度との関連で表すことができ、林冠密度が0.68の時最大となる。林冠層と下層植生のバイオマスの関連については、下層灌木は林冠密度が0.67で最大となり、下層草本も0.67の時に最大となる。 枯損量については、林冠密度0.67-0.70で植生合計量が最大となり、枯損量もそのとき最大に達する。 これらのことから、水土保全林としてのタイワンアカマツ林の適正樹冠密度は0.66-0.70の範囲にあって、最適値は平均0.68である。なお、林冠密度は平均胸高直径とha当たり立木本数によって推定できる。 表2に水土保全林としてのタイワンアカマツ林分の密度管理基準を示した。
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5791
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.54 p.1 -4
Appears in Collections:No.54 (2007/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No54p001.pdf348KbAdobe PDFView/Open