HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.9 (2007) >

 
Title :軽度発達障害者への重要な他者との関係の形成による支援と特別支援を行う機関との連携
Title alternative :A Case Study of the Support Based on Their Establishing a Relationship with Especially Important Others for Mild Developmental Disorder and the Special Support Cooperated with the Technical System
Authors :浦崎, 武
Authors alternative :Urasaki, Takeshi
Issue Date :31-Mar-2008
Abstract :広汎性発達障害をもつ子どもたちの体験する世界が、成人の高機能広汎性発達障害者が述べた 自伝や幼児期の回想のように恐怖に満ちた内的世界であることを考慮すると、特別支援教育にお いても彼らの内的世界に歩みより理解を深めながら教育や支援を行っていくことが重要な課題と なる。幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校における通常の学級の特別支援教育の スタートにより試行錯誤の取り組みが教育現場で行われている。しかし、集団としての子どもた ちの前で常に関わっている学校の教師たちの忙しい現実のなかでの子どもたちの関わりは、障害 の特性を理解した上での関わりということよりも自分自身の経験や教育観による自己流の関わり 方での対応のみになってしまう傾向がある。その場合、子どもの様々な問題が生じてきたときに どのように指導するかというスキルや方法論が求められ優先されてしまうことになり、結果とし て子どもたちの内的世界への理解が抜け落ちてしまうことによる2次的な障害が生じてしまう可 能性がある。そこで本研究では小学校における学校生活において内的世界への理解をもった重要 な他者としての学生支援員がアスペルガー障害のある子どもとの関係の形成による支援を行った。 その支援を行うなかで生じてくる現実的な課題について検討しさらに、重要な他者との関係性と 専門機関との連携の必要性について考察した。その結果、重要な他者としての具体的な対応のあ り方と教師と支援員との連携を行う上での障害の理解に基づく支援方針の設定など専門機関との 連携の必要性の根拠が示された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5947
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.9 p.1 -13
Appears in Collections:No.9 (2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No9p001.pdf1562KbAdobe PDFView/Open