HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.9 (2007) >

 
Title :発達障害児への関係発達的支援アプローチ ―子ども・母親の情動に焦点をあてた支援を通して―
Title alternative :Approach of related advancement support to the developmental disabilities -The support which focuses on feelings of the child and mother-
Authors :城間, 園子
浦崎, 武
Authors alternative :Shiroma, Sonoko
Urasaki, Takeshi
Issue Date :31-Mar-2008
Abstract :一人一人のニーズに対応した特別支援教育がスタートし支援者は、障害のある子どもの自立や 社会参加に向け、持てる力を発揮させていく支援が求められている。特に、発達障害のある子ど も達は、理解困難な行動を起こす等、その障害の特性から幼少期より養育者を含めた他者との関 係つくりが困難であるため、社会不適応や非行などの反社会的行動に至ってしまう。一方、発達 障害児はその行動を理解し、心の動き(気持ち)に焦点をあて支援(関係発達的支援)を工夫し ていくならば、学習や生活に意欲的に取り組むことができ、二次的障害を回避することができる とされている。また支援者が、養育者の子どもに対する負(好ましくない)の感情や負の関わり を減らしていくよう働きかけることで、関係改善が見られゆとりを持って子どもと接することが でき、子どもの行動の変容に繋がるとされている。 そこで本研究では、小学3年生男子(以下A児とする)の個別及び集団支援のトータル的な支 援において、その情動に焦点をあて、気持ちの動きに合わせた支援実践(関係発達的支援)を行 う。さらに養育者の心の動きを受け止め、子どもとの関係改善を図り好ましい関係を促すよう支 援を行っていった。その結果、A児の自尊心を高めることができたと同時に、養育者の行動変容 が促され、A児の他者との関係つくりに改善が見られ、学習面や生活面において意欲的に取り組 むようになった。このことから発達障害児の気持ちの動きに合わせた支援(関係発達的支援)を 行うことが、他者との関係改善につながり自立を促すことが示唆される。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5959
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.9 p.161 -173
Appears in Collections:No.9 (2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No9p161.pdf1441KbAdobe PDFView/Open