HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Educational and Clinical Center for Children with Disabilities Faculty of Education >
The bulletin of the Research and Clinical Center for Children with Disabilities >
No.9 (2007) >

 
Title :実践トータル支援活動との連携による児童の特性に応じた支援 ―行動・感情のコントロールが苦手な児童への支援―
Title alternative :The support Cooperated with Total Practical support system to meet children's certain need. -To support a child who is unable to control his emotion and actions-
Authors :相澤, 眞理
上間, 茂樹
田場, 由高
中村, 真紀子
野里, 宏美
真喜屋, 祥子
浦崎, 武
Authors alternative :Aizawa, Mari
Uema, Shigeki
Taba, Yoshitaka
Nakamura, Makiko
Nosato, Hiromi
Makiya, Shoko
Urasaki, Takeshi
Issue Date :31-Mar-2008
Abstract :本校は、平成18年度・19年度の2年間、浦添市教育委員会指定を受けたことを契機に校内支援体 制を構築し保護者および琉球大学教育学部附属障害児教育実践センターの実践トータル支援活動 との連携を進めてきた。本研究はその連携支援における実践報告であり、自分の感情・行動のコ ントロールが苦手で、市の就学指導で『通常学級での配慮ある指導(集団参加への適応において) が望ましい』と判定された男子への支援についての報告である。本校は取り組みの主題である 「一人一人が伸びるための特別支援教育をめざして」、副主題「児童の特性に添った支援と学習指 導法の創意・工夫を通して」という視点に基づく教育的支援を行ってきた。そこでその支援方針に より本研究では保護者・担任・ヘルパーとの信頼関係から、集団の中で支援対象となる子どもが適 応していく過程および支援における手だてについて検討した。そのことにより実践トータル支援 活動との連携における効果が確認でき、専門機関としての大学との連携の重要性が示唆された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-0476
Publisher :琉球大学教育学部附属障害児教育実践センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5960
Citation :琉球大学教育学部障害児教育実践センター紀要 = The bulletin of the Research and Clinical Center for Handicapped Children no.9 p.175 -181
Appears in Collections:No.9 (2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No9p175.pdf740KbAdobe PDFView/Open