HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryukyu University economic review >
No.75 (2008/3) >

 
Title :「わが国の情報通信政策の展開とウェブ・オポチュニティの創成 ~Web-Rich or Web-Poor~」
Title alternative :How Does ICT Policy affect Web Opportunities in Japan : Better or Worse
Authors :大角, 玉樹
Authors alternative :Osumi, Tamaki
Issue Date :Mar-2008
Abstract : 1990年代後半のインターネット揺籃期、成長期を経て、現在、わが国は世界最高水準のネットワークインフラを整備している。情報通信技術(ICT:Information and Communications Technology)を21世紀の持続的発展の原動力と位置づけ、それを推進した政策がe-Japan戦略である。さらに2010年までには全国にブロードパンドとユビキタス環境を整備し、情報通信技術の利括用で世界のフロントランナーを目指すu-Japan政策が展開されている。沖縄では、1998年に発表された「沖縄マルチメディアアイランド構想」が、2000年に開催されたG8九州沖縄サミットで採 択された沖縄IT憲章に後押しされ、IT関連企業の誘致と集積が進められている。 しかしながら、それがコールセンターに偏っていることから、今後の政策の見直しが迫られている。  本稿では、これら情報通信政策を整理し、政策が情報通信技術の普及と啓蒙に果たした役割を明確にし、今後の課題を検討している。また、グローバリゼーションと情報通信技術の急速な進歩により、とりわけビジネスにおけるモジュール化が加速され、また、世界や社会がフラット化しつつある現象が指摘されている。ウェブ自体の進化も、Web2.0という用語に代表されるように、大きな質的変化を遂げて いる。  このような現実を政策に反映するには、情報通信技術へのアクセスが機会を生み出すというデジタル・オポチュニティという考え方よりも、ウェブヘのアクセスと、ウェブとリアル世界のコラボレーションが創造の機会を増幅するという、ウェブ・ オポチュニティという概念が望ましいのではないだろうか。
Type Local :紀要論文
ISSN :0557-580X
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/5972
Citation :琉球大学経済研究 no.75 p.181 -202
Appears in Collections:No.75 (2008/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No75p181.pdf8328KbAdobe PDFView/Open