HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
Immigration Research Center >
Immigration Studies >
No.2 (2006/3) >

 
Title :『Hawaii Pacific Press』紙に掲載されたペルーの琉歌
Title alternative :Ryuka (Ryukyuan poems) Presented by Immigrants in Peru for the Hawaii Pacific Press
Authors :仲程, 昌徳
Authors alternative :Nakahodo, Masanori
Issue Date :Mar-2006
Abstract :沖縄の人々に最も好まれた表現形式になる「琉歌」は,沖縄の人々が渡った移住先の国々でも盛んに詠まれた。南米ペルーでもそうだが,ペルーの沖縄県出身者も,数多くの「琉歌」を残していた。彼らは,一体どのような「琉歌」を詠んだのか,探ってみた。 ペルーの人々の「琉歌」は,ハワイで発刊されている『ハワイ・パシフィック・プレス』に毎号掲載される「ハワイ琉歌会」の作品集の中に,数多く見られる。それは,ペルーの人々が「ハワイ琉歌会」の呼びかけに応じて,「ハワイ琉歌会」の会員になって活動したことによるが,彼らの活動期間は,1980年から1990年までの,ほぼ10年間で,そう長くはなかった。「ハワイ琉歌会」は,その期間「課題」を出していた。ペルーの会員も,当然与えられたその「課題」にそって歌を詠まざるをえなかった。それだけに,ペルーの人々は,自由にペルーのことを取り上げて歌うことはできなかったが,ペルーのことを歌った歌がみられないわけではない。 ペルーの人々が詠んだペルーと関わる歌のなかで,すぐに目につくのが「ゆす国に暮らし」「旅に身やあてん」「外国に暮らち」「余所国に居てん」といったような句である。それは彼らにとってペルーは「余所国」であり「外国」であり「旅」の地であったということを示している。そしてそれは,沖縄から海を渡っていった多くの「移民」が共通して抱いていた思いであったといっていいだろう。「移民」の歌の一つの特色は,そのように住んでいる国を,「余所国」として捕えていた点にあるであろうが,ペルーの琉歌には,特にそれが顕著に現れていたといっていいだろう。
Type Local :紀要論文
ISSN :1881-0829
Publisher :琉球大学移民研究センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/6450
Citation :移民研究 = Immigration Studies no.2 p.51 -68
Appears in Collections:No.2 (2006/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No2p051.pdf3409KbAdobe PDFView/Open