HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.17 (2006/3) >

 
Title :運転態度の評価と各種違反運転との関連
Title alternative :Relations between the Evaluation to Driving Manners and Some Kinds of the Traffic Offenses.
Authors :田中, 寛二
Authors alternative :Tanaka, Kanji
Issue Date :Mar-2006
Abstract :本研究の主な目的は,運転マナーと各種の違反運転の頻度および他者からの影響等との関連性を検討することを通して,運転者の運転マナーの評価に影響を及ぼす要因を明らかにすることである。調査対象者は,運転免許を取得し,日常的に自動車を運転している者,計702名であった。主な結果は,①パス,タクシーについては,乗車中あるいは走行中に関わらず,運転態度は悪いと認識している比率が最も高いことが示された。②他者からの影響については,運転態度の善し悪しと関係なく,いずれの対象からも影響を受けていないとの回答が最も高率であった。③制限速度超過違反,飲酒運転,違法駐車,信号無視,方向指示器不使用に関する調査の結果,「しない+ほとんどしない」への回答が最も多く,いくつかの項目で性差が認められた。④総合的な運転態度評価に対して,制限速度超過,飲酒運転,駐車禁止,及び信号無視が影響を与えていることが明らかになった。以上の結果が,交通安全教育や交通カウンセリングの観点から検討された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/7590
Citation :人間科学 = Human Science no.17 p.79 -106
Appears in Collections:No.17 (2006/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No17p79.pdf1557KbAdobe PDFView/Open