HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Educational Research and Traning Center >
No.3 (1995/11) >

 
Title :絵画における四つの基本的空間と児童画
Title alternative :Four Fundamental Spaces in the Paintings and Paintings by Children
Authors :稲嶺, 成祚
Authors alternative :Inamine, Seiso
Issue Date :Nov-1995
Abstract :まず,製図法的に四つの基本的な絵画空間(水平視空間,斜上視空間,垂直視空間,透視画空間)について説明し,それぞれの特徴,特質を明らかにする。こうした絵画空間の特質は,その絵に盛り込まれる内容の如何にかかわらず,その空間のユニークな基層となるメッセージをもつものであることを述べる。次に児童画の発達段階とその絵画空間の変遷についてのべ,「9歳の壁」と称して小学校4年生頃から,描画にゆきづまる傾向があるが,それは四つの絵画空間の中で,構造的にもっとも異質な透視画空間への移行である故であり,そのことを熟知しての指導が必要であることを述べる。
Type Local :紀要論文
ISSN :1342-5951
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8088
Citation :琉球大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 no.3 p.13 -19
Appears in Collections:No.3 (1995/11)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No.3p013.pdf1319KbAdobe PDFView/Open