HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Educational Research and Traning Center >
No.4 (1996/11) >

 
Title :Researcher-Like Activityによる授業の工夫 ―RLAの中学校の数学教育への適用―
Authors :狩俣, 智
Authors alternative :Karimata, Satoshi
Issue Date :Nov-1996
Abstract :Researcher-Like Activity(RLA)を中学校の数学教育へ適用した。RLAとは,研究者のような活動という意味であり,研究者の縮図的活動をその基本的概念とする。本実践では,生徒が「問題を発見し,それを模擬学会で発表し合い,共有していく」過程をRLAと見做した。実際の授業において,生徒たちは,「封筒の中の台形状に折り曲げられた手紙を取り出す行為」から,各自,自分の問題を構成し解決した。また,生徒たちは,自分の問題と解をポスターに表現し,ポスターセッションの模擬学会で意見を交換し合った。本実践報告の考察では,このようなRLAの効果を検討した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1342-5951
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8150
Citation :琉球大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 no.4 p.1 -9
Appears in Collections:No.4 (1996/11)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No.4p001.pdf974KbAdobe PDFView/Open