HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Educational Research and Traning Center >
No.4 (1996/11) >

 
Title :ACTによる問題解決過程のモデル化の研究 ―認知科学の数学教育への応用―
Authors :狩俣, 智
Authors alternative :Karimata, Satoshi
Issue Date :Nov-1996
Abstract :Andersonが開発した人間の認知モデルACTの数学教育への適用を試みた。本論の第1節では,ACTの主要な構成要素,知識のコンパイル理論などを概観した。また,第2節では,中学生から採取した問題解決過程のプロトコルを,スキーマを表す宣言型符号化構造,手続きを表すプロダクション・ルール,などのACTの概念を使用して表現した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1342-5951
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8151
Citation :琉球大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 no.4 p.11 -28
Appears in Collections:No.4 (1996/11)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No.4p011.pdf1928KbAdobe PDFView/Open