HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Educational Research and Traning Center >
No.4 (1996/11) >

 
Title :「頭の良い子」と「努力する子」の日常的概念の検討(2)
Authors :嘉数, 朝子
島袋, 恒男
井上, 厚
宮城, 安子
當山, りえ
Authors alternative :Kakazu, Tomoko
Shimabukuro, Tsuneo
Inoue, Atsushi
Miyagi, Yasuko
Touyama, Rie
Issue Date :Nov-1996
Abstract :本研究は,人々の持つ素朴な努力観・能力観の概念の構成要素を検討することを第1の目的としている。具体的には,嘉数他(1996)の結果を再分析し,「頭の良い子」と「努力する子」の類似点と非類似点の構成要素を明らかにした。因子分析の結果をまとめると,「頭の良い子」の因子はスタテイックな抽象的な概念が多いのに対し,「努力する子」の因子は動詞型で具体的な行動様式をふくむものが多かった。 本研究の第2の目的は,「頭の良い子」と「努力する子」概念における群間差を検討することである。具体的には職業(教師と学生)と性の違いによる両概念の認知の差を検討する。群間差については,顕著な性差があった。女子の方が男子よりも「頭の良い子」・「努力する子」の両方で評価が高かった。特に,「努力する子」で女子の評価が高かった。職業における群間差も大きかった。教師の方が,学生よりも「努力する子」・「頭の良い子」の両側面で評価が高かった。
Type Local :紀要論文
ISSN :1342-5951
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8155
Citation :琉球大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 no.4 p.51 -58
Appears in Collections:No.4 (1996/11)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No.4p051.pdf824KbAdobe PDFView/Open